いとこが娘につけた名前を聞いてモヤモヤ 「何故よりによって…」

名前とは親から子供に贈られる最初のプレゼント。それだけに、しっかり意味を込めた名前をつけたいが…。

人間関係

2019/11/03 06:45

驚いた女性
(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ベビー服やおむつなど、子供が生まれるに当たっては準備するものがたくさん。しかし、まずは赤ちゃんに名前をつけてあげるのが親の務めだろう。

女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、子供の名前を巡るトピックが注目を集めているようだ。


 

■おめでたいニュースなのに…

トピック主は、6ヶ月になる男の子を持つ母親。先日いとこに娘が生まれたそうだが、なんと自分の息子と同じ名前がつけられたという。

いとこと話して直接確認するが、「あー、そうだった?」「まあ、性別も漢字も違うし」と軽く流されてしまった。


関連記事:キラキラネームも辛いけど… 古風な名前「シワシワネーム」の受難が話題に

 

■収まらないモヤモヤ

トピック主は「特にはやっている名前でもないし、何より一生懸命考えた名前を真似されたことがとてもモヤモヤします」と、煮え切らない気持ちを表現。

トピックには「普通被らないように配慮するよね」「何故よりによって同じ名前にするのか理解に苦しむ…」といった声が多数寄せられている。「いとこが一言相談してれば、悪いイメージにならなかったのに」という意見も見られ、モヤモヤが伝染してしまった人が多いようだ。


■子供に名前をつけるなら…

子供にどんな名前をつけるかは、誰しも一度は考えた経験があるだろう。しらベぇ編集部が全国20〜60代の子供が欲しい男女326名を対象に調査したところ、「古風な名前」と「キラキラネーム」では古風な名前のほうが支持率が高いことが判明した。

58.9%がキラキラネームより古風な名前をつけたいと考えており、名前のトレンドは「シワシワネーム」に寄りつつあるのかもしれない。

キラキラネームの調査

自分と同じ名前の人と出会うケースは存在するが、親族となると話は変わってくる。同じ名前をつけたい場合は、一度しっかり相談したほうがトラブルを招くリスクが抑えられるだろう。

・合わせて読みたい→キラキラネームの影響か? 自分の名前が嫌いだった人の割合は

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20~60代の子供が欲しい男女326名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ