嵐、SNS解禁にファン歓喜 発表事項多数で「情報過多」がトレンド入り

デビュー20周年記念日を迎えた3日、嵐がツイッターやフェイスブックなどのSNSを一斉解禁した。

エンタメ

2019/11/03 15:00

嵐・大野智・相葉雅紀・櫻井翔・二宮和也・松本潤

2020年12月31日をもって活動休止する国民的アイドルグループ「」が、3日にSNS解禁を発表。ファンからは喜びの声が続出している。



 

■5つのSNSが一斉解禁

デビュー20周年記念日を迎えた同日、午前11時からSNSを一斉解禁したことを発表した嵐。Twitter、Facebook、Instagram、Weibo、TikTokの公式アカウントが一斉に開設された。

「Twitterはじめました~みんなと今まで以上に身近に、より早くつながれるように! 僕らについてきてね!」と綴られたツイートは、瞬く間に拡散され、14時現在で13万件以上のリツイート。アカウントのフォロワーは、すでに70万人を超えている。


関連記事:『FNS歌謡祭』嵐、衣装の“秘密”に感動 「これはびっくり…」

 

■「スピード感をSNSで表現」

先月9日には、YouTubeに公式チャンネルを開設した嵐。しらべぇでも既報だが、デビュー曲「A・RA・SHI」など5曲の音源配信をスタートしていた。

活動休止を控えつつも、SNSを解禁するなど、積極的にファンとの繋がりを作っていく嵐。3日に都内で行われた記者会見では、メンバーより「リアルタイムでしか味わうことのできないスピード感をSNSで表現していきたい」と、開設の意図などが述べられたという。

次ページ
■「幸福の極み」とファン歓喜