嵐の楽曲がYouTube解禁 待ちに待ったファンから喜びの声殺到

YouTubeをはじめとしたストリーミングサービスで、嵐の楽曲が解禁された。

エンタメ

2019/10/10 06:00

嵐・大野智・相葉雅紀・櫻井翔・二宮和也・松本潤

2020年12月31日をもって活動休止すること国民的アイドルグループ「」が9日にYouTubeをはじめとしたストリーミングサイトでサブスクリプションサービスを開始。ネットでは喜びの声が相次いでいる。



 

■「A・RA・SHI」を含む5曲が配信開始

嵐の楽曲の中でも特に人気の高い「A・RA・SHI」「truth」「Happiness」「Monster」「Love so sweet」の5曲がストリーミングサイトで解禁。

Spotifyや、Apple Music、Amazon Musicなど主要音楽ストリーミングサービスで楽曲を聴くことができるようになり、YouTubeではMVを見ることが出来る。

MV解禁と同時に、「ARASHI Official Channel」が開設。ユーチューバーのような動画が投稿されるかは不明だが、今後どのような動画が追加されるのだろうか。

デビュー曲でもある「A・RA・SHI」は配信された日の深夜には60万再生を超えており、多くの人が興味を示していることがわかる。


関連記事:『FNS歌謡祭』嵐、衣装の“秘密”に感動 「これはびっくり…」

 

■歓喜の声

急な発表だったが、ツイッターでは「嵐のMVを見ることができる!」と瞬く間に「嵐」がトレンドに。


■国民的アイドル嵐

配信開始直後に話題になるほどの人気を持つ嵐。解散こそ決定しているが、惜しむ声も多い。

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,338名に「ジャニーズのアイドルグループ」について調査したところ、4割以上が「SMAPの次の国民的アイドルは『嵐』」と回答している。

解散が決まり、悲しみの声が多く集まる嵐だったが、無料でも触れることのできるコンテンツが増えこれからもファンが増えることがあるかもしれない。チャンネルが開設されたこともあり、今後も楽しみだ。

・合わせて読みたい→嵐、インスタでファンに感謝 「素敵なバレンタインデーを」

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1338名