アンタッチャブル奇跡の復活 漫才披露にファン「何年待ったと思ってんだよ!」

『全力脱力タイムズ』でアンタッチャブルが奇跡の復活を遂げた…

エンタメ

2019/11/30 05:45

山崎弘也

2010年、柴田英嗣が体調不良と女性トラブルにより芸能活動を休止。活動再開後も、相方の「ザキヤマ」こと山崎弘也との共演機会が失われていたアンタッチャブルが、29日放送『全力! 脱力タイムズ』(フジテレビ系)で騒動以来のまさかの共演。

ファンから歓喜の声があがっている。



 

◼アンタッチャブルをリクエスト

同番組は報道番組の体をとったバラエティ番組。ゲストコメンテーターに俳優・女優陣が登場し、番組ぐるみでボケを連発。もうひとりのゲストコメンテーターとして呼ばれた芸人は、その内容を事前には知らずアドリブでツッコんでいく展開となっている。

番組のお馴染みの流れとして、俳優側ゲストの「好きな芸人」としてゲスト芸人の名を挙げ、その場でコントや漫才を披露してもらうのだが、当然、その場には相方はいない。そこで、相方ではない芸人やタレントが相手役を務めるという流れになっていく。

この日は女優・新木優子と柴田がゲストコメンテーター。新木が好きな芸人として「アンタッチャブル」の名を出し、いつものように漫才をリクエスト。相方代わりの人物が登場してきた。


関連記事:10年ぶり復活のアンタ・ザキヤマ、解散危機を振り返る 「踏みとどまったのは…」

 

◼相方は小手伸也?

同番組では柴田はこれまでも漫才を経験済み。フォーリンラブ・バービーやハリウッドザコシショウ、コウメ太夫がザキヤマの代わりの相方として登場し、柴田を苦しめた。

MCのくりぃむしちゅー・有田哲平は「本物のザキヤマさん」と強調するが、柴田は「出てくるわけない」「今度は誰よ」「絶対違うもん」と誰が来るのかわからない恐怖から大声で慌てはじめる。

ここで登場したのは、俳優・小手伸也。見た目と雰囲気はかなりザキヤマを再現していたため、柴田は「似てる!」と興奮。その流れで漫才を披露していく。

次ページ
◼ザキヤマが登場