宮下草薙・草薙、ブレイクも「辞めたい」本音吐露 「人間のやる仕事じゃない」

『あちこちオードリー』で、宮下草薙・草薙航基がブレイクで多忙になった現在について本音を漏らした…

エンタメ

2019/11/30 17:20

宮下草薙、草薙航基
(画像は宮下草薙・宮下兼史鷹Twitterのスクリーンショット)

30日放送『あちこちオードリー 春日の店あいてますよ』(テレビ東京系)に、お笑い第7世代の一員としてブレイク中の若手コンビ・宮下草薙が登場。特に1人での活躍も多い草薙航基が、ブレイク後の多忙な現状への本音を吐露し、大きな反響が起きている。


 

◼草薙が先輩芸人を一蹴

オードリー・春日俊彰が店主、若林正恭が常連客の店にゲストが来店、トークを展開していく同番組。この日は、オードリーと同じくラジオで人気の「ラジオスター」と呼ばれるアルコ&ピースと三四郎がゲスト出演した。

ラジオとテレビの違い、芸人としての悩みなどを吐露していったなか、ネガティブキャラとしてブレイク中の草薙が登場。忙しくなった現状について若林から「まだ慣れない?」と質問が飛ぶ。

草薙はオードリーら先輩陣が悩みを吐露していたことを受け、「まだ慣れない。さっきから話を聞いていて、ずっと皆悩んでいるんだなって(思った)」と、先輩らを一蹴した。


関連記事:有吉、『Mステ』出演の宮下草薙にガチダメ出し  「何やってんだよ!」

 

◼テレビ業界は「おかしい人しかいない」

そんな草薙に「ちょっと休みたいとか思わない?」と尋ねると、草薙は「僕は全然…」と否定するが、相方の宮下兼史鷹が「お前いつも休みたいって言ってるじゃん」と暴露。

「ちょっと、あんま言わないで」と必死に止める草薙だったが、宮下は「日々辞めたいって言ってる。『人間のやる仕事じゃない』って」と愚痴っていると続けると、草薙は諦めて「おかしい人しかいない。僕はそうはなりたくない」と本音を漏らす。

この草薙の主張に若林は「わかるよ。異常者しかいない。制作も含めてな」と共感を示した。

次ページ
◼視聴者も反応