ワクワクさんとゴロリの知られざる設定に衝撃 「そんな難題な…」

『しくじり先生』に出演した「ワクワクさん」こと久保田雅人。知られざる設定が明かされ驚きの声が相次いでいる。

エンタメ

2019/12/10 13:00

久保田雅人
(画像は久保田雅人公式ツイッターのスクリーンショット)

9日深夜に放送された『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、「ワクワクさん」でおなじみのタレント・久保田雅人が出演。ワクワクさんの知られざる設定が明かされ、驚きの声が上がっている。



 

■民放のバラエティーに苦労

1990年から23年もの間、『つくってあそぼ』(NHK Eテレ)に「ワクワクさん」として出演していた久保田。しらべぇでも既報のとおり、現在はユーチューバーとして活躍しているようだ。

しかしその背景には、番組終了後数多くのバラエティー番組に出演し、Eテレと民放の違いについていけず様々な苦労があったとのこと。


関連記事:『エースのジョー』逝く 宍戸錠さん、豪快に駆け抜けた86年の人生

 

■ワクワクさんには設定が

民放のバラエティーでは、スケジュールや台本が大雑把なことが多く戸惑いを感じていたという。一方、Eテレは教育上不適切な言葉やイメージを崩さないように厳しい指導が入るそう。

ワクワクさんも、「20代後半で世界を股にかけて活躍するデザイナー」という設定のもと番組を作り上げており、スタッフは真面目すぎるあまり「老けないでください」と久保田に無茶振りをしたこともあったようだ。

次ページ
■じつはゴロリも…

この記事の画像(1枚)