『いきなりステーキ』と『ステーキガスト』どちらがお得? 高級部位で比較

ステーキガストといきなりステーキ、高級部位ではどちらがお得?

グルメ

2019/12/14 14:00

美味しいステーキをリーズナブルに食べられることで人気のチェーン『いきなり!ステーキ』と『ステーキガスト』。

先日安価な2品でお得度を比べた結果、「ステーキガストが圧倒的にお得だ」とお伝えしたが、今回はいきなりステーキが得意とする高級部位の肉で比較することにした。

比較する肉は、高級ステーキ店でも定番として使われるリブロース。柔らかく脂身もほどよくのっており、肉と脂両方の美味しさを楽しめる部位だ。


画像をもっと見る

 

■いきなりステーキのリブロース

いきなりステーキのリブロースステーキは、1グラムあたり6.9円で、記者が注文した300グラムでは税抜き2,070円。それにライスやサラダを食べる場合は追加料金となる。

気になる味は、先日食べたワイルドステーキと比べて肉は柔らかく、脂身は甘い。ソースも冷めない容器に入っているので、そのままかけても肉が冷めずに食べられるのも良いと感じた。


関連記事:『いきなりステーキ』と『ステーキガスト』どちらがお得? 安価な2品で比較

 

■気軽に行くのは難しいが…

美味しさとしては合格点だが、480円のライス・スープ・サラダをつけて300円のソフトドリンクを飲んだら3,000円してしまうのはやはり割高感がある。

また、記者の訪れた店は立ち食いではなく席はあったものの、牛丼店をちょっと広くしたぐらいの狭さなので、落ち着いて食べるのも難しかった。

このクラスのステーキがこの値段というのは外食業界全体としては安いほうなのかもしれないが、気軽に行くにのはちょっと難しい金額である。

次ページ
■ステーキガストのリブロース

この記事の画像(10枚)