『スッキリ』加藤浩次、コロナめぐり専門医をフォロー 「見てて安心する」

『スッキリ』コロナウイルスをめぐる特集で、加藤浩次の発言に注目が集まっている。

エンタメ

2020/02/14 12:30

加藤浩次

13日、新型コロナウイルスに感染していた神奈川県の80代女性が死亡。感染者の死亡は今回が国内初となり、緊張感がにわかに高まっている。



 

■まず病院へ向かうのはNG?

14日の『スッキリ』(日本テレビ系)では、新型コロナウイルスに関する特集を放送。専門医もスタジオに登場し、対策法を説いていた。

専門医は外来受診に対して「コロナウイルスの心配がある人が病院に押しかけますと、インフルエンザなどの感染症もありますから…」「まずは保健所に相談して指示を受けて…」など、歯切れの悪いコメントを見せている。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、コロナ検査に関する疑問を熱弁 「よく言った!」

 

■加藤の疑問が噴出

すると、話を受けてMCの加藤浩次が「でもこういう状況だと、早めに病院へ行ったほうが周りに感染しないんじゃないかと僕は思ってしまう」「でも、行くのを我慢すると感染する可能性が高まる。どうすれば良いんでしょう?」と率直な疑問を口に。

加藤の意見に対して専門医は、医療機関の受け皿がいっぱいになってしまう危険性を説明するが、どこかたどたどしく要領を得ない答えが返ってくる。

すると加藤が上手くフォローし、「医療現場の人間が本当に疲労して、働けないような状況になったら、それこそ大変になるという部分があるんですよね」「そこはやっぱり、バランスを見ながらということになると思うんですけど…」と噛み砕いての説明を行なった。


■胸を撫で下ろす視聴者

多くの感染症や病気は初期治療が大切なため、「病院へ行くのはNG」と聞こえる説明に不安を覚えた視聴者が多かった様子。

しかし、加藤のフォローを受けて「やっぱり加藤浩次は見ていて安心するわ」「専門医の人の話がけっこう分かりづらかったけど、加藤さんがフォロー上手で助かった」「加藤さんのほうがまとめるの上手いな」といったコメントが多数上がっていた。

専門家の知識は大切だが、一般人が聞いて「納得できる」形に落とし込むにはスキルが必要。視聴者の気持ちや疑問を代弁してくれる加藤の名フォローに、今後も期待したい。

・合わせて読みたい→加藤浩次、『スッキリ』欠席の理由に視聴者驚愕 「大丈夫なの…?」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ