マツコ・デラックス、若者との世代間ギャップに自虐 「テレビ辞める」「老害だもん」

若者の留守電な離れから、話は意外な方向へ

エンタメ

2020/03/03 09:00

マツコ・デラックス

3日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが自身を「老害」と嘆くシーンがあった。



 

■若者は留守番電話が苦手

発言のきっかけは、若者が留守番電話を使わないという話題。インタビューを受けた若い女性の集団は全員が「留守番電話になったら切る」と苦手意識を吐露。さらに別の女性は「相手がいないから独り言みたいになって話しづらい」とバッサリ斬る。

留守番電話に『月曜から夜ふかし』の取材を受け、親に出演の許可を取ってもらうチャレンジでは、昭和世代が無難にこなしたのに対し、若者は辿々しく上手に話せない。

とくに18歳の男子高校生は、「俺だけど、俺だけど…」「オレオレ詐欺じゃないからね」となにやら不審な電話に。どうやら若者が留守番電話を苦手としていることは事実のようだ。


関連記事:マツコ、引退後の国外脱出計画を告白 村上信五は引き止め「近くに住む」

 

■マツコが留守電を語ると…

スタジオに戻ると、マツコは「留守電は私も入れないな」と話す。さらに「怖くない? 何に留守電入れているんだろうと思わない? 昔だったらね、テープがあって…わかんないか、家電の留守電って」と若者中心の観客に質問。

すると観客は「わからない」というリアクション。マツコは「ちっさいさあ、録音用のテレコ…。なんか、見たこと…え、え。もう辞めるわテレビ」と話す。さらに「老害だもん。我慢がきかないのよ。(客がわかってないのに)止まらない。言い始めたら」と嘆いた。

次ページ
■世代ギャップに崩れる