杉村太蔵、コロナウイルスに関する「お年寄りを家に閉じ込める」提案が物議

『サンデー・ジャポン』に杉村太蔵が出演。高齢者を自宅に待機させる旨の提案が物議を醸した。

エンタメ

2020/03/08 12:00

杉村太蔵
(写真提供:JP News)

8日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、現在感染が拡大されている新型コロナウイルスが話題に。実業家・杉村太蔵のコメントに、ネット上では賛否の声が渦巻いている。



 

■繁華街には学生の姿

先月27日に、政府より発表された全国の小中高校や、特別支援学校への臨時休校要請。各学校からも生徒に向け、「不要不急の外出は控えるように」とのお願いが出されている状況だ。

そうしたなか番組では、「外で遊んでいる生徒もいるのでは」との仮説のもと、都心の繁華街を取材。VTR上では「遊びに来ちゃいました」「家にいるだけはつまらない」と話す多くの学生の姿が写された。


関連記事:杉村太蔵がフリーランスを続ける理由熱弁 「ギャラ交渉が大好きだから」

 

■爆問・太田は反論

こうした状況を受け、杉村は持論を展開。重症化リスクが年齢に応じて高くなっていくという前提のもと、「元気な若者を家に閉じ込めるんじゃなくて、元気なお年寄りを家に閉じ込めたほうが感覚的には合う」と主張する。

これに対し、爆笑問題の太田光は「(高齢者は)一定期間ひとつの場所にいることによって、身体に与える影響とか、精神的な影響とか(が大きい)」と反論。スタジオでも意見が分かれるかたちとなった。

次ページ
■視聴者からも賛否

この記事の画像(1枚)