わかめラーメン“麺なし”爆誕 「麺の代わりに入っているモノ」もスゴい

あの「わかめラーメン」から、まさかの“麺なし”が登場。麺の代わりにわかめがたっぷりと入った、インパクトMAXな新商品だ

グルメ

2020/03/18 15:20

エースコックのロングセラー商品『わかめラーメン』。このほど、このわかめラーメンに関する「嘘のような本当のカップ麺」が同社から発売される。


画像をもっと見る

 

■麺なし「わかめラー」爆誕

麺なしわかめラー
(©エースコック株式会社)

その新商品とは、「わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ」。なんと、「わかめラーメン」から麺をなくしてしまったというのだ。

“めん”はカップの中からだけでなく、しっかりと商品パッケージからも消されてしまっており、「ラー  」という、微妙な空欄を残したデザインに。


関連記事:コンビニで何度もクレームを入れる男性 謝罪すると「まさかの行動」に…

 

■麺の代わりに「わかめ4.5倍」

同社によると、「定評のある味わいはそのままに、わかめラーメンブランドのアイデンティティであるわかめ以外の要素である麺をなくし、その分わかめをたっぷり入れた“振り切った商品”」とのこと。

また、麺が入っていない代わりに「乾燥重量で既存商品の4.5倍(※2019年8月発売対比)」ものわかめが投入されているという。まさしく、わかめを味わい尽くすための1杯というわけだ。

また、しっかりと麺が入ったわかめラーメンシリーズ商品も、期間限定で柳沢慎吾の「わかめ祭り」パッケージで販売される。

わかめラーメン
(©エースコック株式会社)

■およそ2人に1人が「カップ麺好き」

日本の国民食とも言われるラーメン。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,721名を対象に「カップ麺」に関する意識調査を実施したところ、全体で47.1%の人が「カップ麺が好き」と回答している。

カップ麺

性・年代別に見てみると、10代が男女ともに高い割合となった。

わかめをたっぷり味わうことのできる「わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ」(税抜193円)は、2020年4月20日より、全国のスーパーやコンビニエンスストアなどで発売される。

・合わせて読みたい→ヒカキン、下積み支えた“伝説のラーメン”に感動 「黙っちゃうね…」

(文/しらべぇ編集部・越野 真由香

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)