尾木ママ、夏の甲子園中止の方向に待った! 「決定が早すぎる」

今夏の高校野球大会が中止の方向で検討されているという報道に「決定が早すぎる」と嘆いた。

2020/05/15 15:40

尾木ママ・尾木直樹
(写真提供:JP News)

教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹氏が15日、自身のブログを更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、今夏の第102回全国高校野球選手権大会が中止の方向で検討されているという報道に「決定が早すぎる」と嘆いた。



 

■中止の方向で検討

新型コロナウイルスは高校野球にも影響し、今春の選抜大会、各地区の春季大会は取りやめに。今夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)も中止が決定している。

そんな中、8月10日の開幕を予定している夏の甲子園大会に関しても、中止の方向で検討されていることが一部で報道された。中止となれば、79年ぶりだという。


関連記事:尾木ママ、一斉休校の措置めぐる持論に反響 「的確と思いますが…」

 

■尾木氏は待った

尾木ママは「夏の甲子園中止は待って!! 早すぎるー」と悲痛の声を交えたタイトルでブログを更新し、「心臓に悪いジョークかと思いましたーーだって決定が早すぎるでしょう」と指摘した。

学年の始期を5カ月遅らせる「9月入学・新学期制」についても触れながら、「九月新学期制になれば、単純に考えれば必ず甲子園大会は実施できるはずなのにーー早すぎるでしょう」と重ねて主張。

「79年ぶりの中止なんて悲しいこと慌てて決めないで下さいませ」と、球児たちの夢が消えそうになっている現状に待ったをかけた。

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

次ページ
■ネットは賛否
甲子園高校野球ブログ尾木直樹尾木ママ新型コロナウイルス9月入学・新学期制
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング