ギャル曽根、メガネを外した盛れてる近影に驚きの声 「誰だ?」

ギャル曽根がメガネを外し、写真加工アプリでガッツリ盛れた近影をインスタグラムで公開。「かわいい」ど大反響が寄せられている

エンタメ

2020/05/21 06:15

ギャル曽根

大食いタレントのギャル曽根が、19日に自身のインスタグラムを更新。スマートフォンアプリ「SNOW」を使って撮影した近影をアップし、ファンから驚きの声があがっている。



 

■SNOWで盛れた写真に「誰だ?」

「ステイホーム」を貫き、子供たちと自宅で楽しく過ごしている様子のギャル曽根。同日は、子供たちと「SNOW」を使って自撮り写真を撮影したそうで、黄色い着ぐるみの加工が施された親子3ショットを投稿した。

テレビ出演時には、メガネをかけていることが多い彼女だが、投稿された写真ではメガネをしておらず、新鮮な印象も。3枚目にはどアップ写真が添付されており、アプリでガッツリ盛られた写真に「というか…」「誰だ?」「自分か分からなくなる」と自らツッコミも入れている。


関連記事:ギャル曽根、デカ盛りチャレンジ失敗… 「その後の行動」に称賛の声

 

■「かわいい」と大反響

メガネを外し、目元のメイクもよく分かるアップの写真には、ファンからも多くの反響が。投稿には、「曽根ちゃん、目がおっきくなってる~」「メガネ外してもめちゃキレイ」「ベビーフェイスですね! かわいい」など、絶賛コメントが多数書き込まれている。

また、「子供と一緒に楽しむのいいですよね」「これウチも昨日やりました」といった書き込みも多く、親子でフィルターのかかった姿を楽しんでいる人は少なくない様子。

中には、「メガネかけてないほうがかわいい」など、反メガネ派からの熱烈メッセージも見られた。


■10代女子の約6割が「加工アプリ」愛用

メガネを外したギャル曽根の愛らしい近影への反響もさることながら、あらためてアプリの性能にも驚かされるこちらの投稿。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代のSNSユーザー828名を対象に「写真加工アプリ」に関する意識調査を実施したところ、全体で22.7%の人が「SNSに自撮りを載せるときは加工アプリを使う」と回答した。

SNS自撮り加工

性・年代別に見てみると、10代女性が6割を超える非常に高い割合に。

「メガネなし」への反響も大きかったギャル曽根。今回の反響を受けて、今後も貴重なオフショット投稿に期待したい。

・合わせて読みたい→尼神インター誠子、最高の写真に驚きの声相次ぐ 「みちょぱに見えた…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代のSNSユーザー男女828名 (有効回答数)