武井壮、学生生活めぐる持論に賛否 「ぷらぷら遊んで楽しむより…」

武井壮が学生生活に関する持論をツイート。その内容をめぐり、ネット上では賛否の声が上がっており…。

エンタメ

2020/06/29 18:40

武井壮

タレント・武井壮が自身のツイッターを更新。学生生活の過ごし方に関する持論を展開し、賛否の声が上がっている。



 

■武井の持論

29日、武井は「個人的意見だけども」と前置きし、大学卒業を迎えるまでの期間内は「遊び」の他に、すべきことがあると主張。

「バイトで稼いだお金でぷらぷら遊んで楽しむよりも、他の学生をリードできる何かを磨いて、そのあとの50年人より稼いだり知名度を手にして、世の中分かってから『自分のやりたい事』考えた方が芯食って楽しいから、まずは学ぶか鍛えといて正解」と続けている。


関連記事:武井壮と体操選手の「日常会話」が完全に異次元レベルでファン驚愕

 

■賛否を呼ぶ結果に…

どれだけ強く望んだとしても、人は過去には戻れないもの。武井の主張を受け、ネット上では「本当そうなんですよね…」「自分が学生の頃に、この言葉を聞きたかった」「自分がこの事実に気づいたのは20代後半に差し掛かったあたりです」など共感の声が相次いでいる。

しかし、今を生きることの大切さを強く感じている人も決して少なくはなく、「自分は20代のうちこそ、借金してでも遊ぶべきだと思う!」「考えはすごい分かります。でも時間は有限なので…過ごし方はやはり人それぞれかな」といったコメントも見られた。


■以前のツイートでも葛藤

ちなみに武井は同日に、人生の過ごし方に関するツイートを投稿。こちらのツイートでは、「この先の人生をどうやって使うのか?」と切り出し、生きている時間を何に割いて、どう過ごしていきたいかを語り合ってみたいと綴っている。

一連のツイートを見ると、人生の過ごし方について思うところがある様子の武井。考えるようになった、何か直接のきっかけがあるのだろうか。

・合わせて読みたい→武井壮、不倫をリークする女性に「低俗な行為」 怒りのツイートが反響

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ