デヴィ夫人、訪れたクラブの感染症対策に絶句… ファンは夫人を心配

デヴィ夫人が、感染症対策に全く危機感を持っていない店を目の当たりにし、ツイッターで苦言を呈した

エンタメ

2020/08/04 05:00

デヴィ夫人

デヴィ・スカルノ夫人が、3日に自身の公式ツイッターを更新。感染症対策がずさんな店を目の当たりにしたとして、苦言を呈した。



 

■新宿や池袋に限った話ではない

新型コロナウイルス感染症をめぐっては、クラスターが発生した新宿や池袋が取り沙汰されているが、デヴィ夫人は同日「感染は新宿、池袋だけではありません。赤坂もです」とツイート。

先日、赤坂にあるクラブを訪れたところ、「ウェイター、ホステスも、誰もマスクをしておらず、検温、消毒もなく、とてつもなく密でした」と、感染症対策がずさんな様子を目の当たりしたと明かす。


関連記事:鋭い発言で物議を醸すデヴィ夫人 コメントの内容は的確だと思う?

 

■従業員の危機感のなさを指摘

その店では、「ウェイターは寿司盆を置くとき、ホステスとしゃべりまくり」であった他、トイレも男女共用という環境だったそう。

デヴィ夫人は「危機感のかけらもありませんでした」と、従業員らが危機感を持っていなかったことに苦言を呈した。

次ページ
■ファンからは様々な声