伊野尾慧が新型コロナ感染 「誰よりも自粛してたのに…」と悲しみの声相次ぐ

伊野尾慧の新型コロナウイルス感染を受け、ネット上ではファンから応援の声が多数上がっている。

エンタメ

2020/08/14 05:45

伊野尾慧・Hey! Say! JUMP

13日夜、Hey! Say! JUMPメンバーの伊野尾慧が新型コロナウイルスに感染したと、所属事務所が発表。ネット上ではファンの悲痛な叫びが多数上がっている。



 

■発表までの経緯

事務所の発表によると、伊野尾は6日夜に倦怠感を覚えたものの、その後発熱することはなく、軽い風邪の症状に収まっていたという。

5日に受けた抗体検査の結果が「陰性」であったことから経過観察をしていたが、念のためPCR検査を受けたところ、12日夜に「陽性」と判明したそうだ。

伊野尾は発表の同日に放送された『めざましテレビ』(フジテレビ系)を体調不良で欠席していたため、今回の報せを受ける前のタイミングから、多くのファンは心配の声を寄せていた。


関連記事:TOKIOの決断めぐる伊野尾慧のアイドル論に反響の嵐 「重みを感じる」

 

■伊野尾の現状

現在、伊野尾は保健所の指導により自宅で療養し、経過観察を行なっている。また、グループの他メンバーや担当マネージャーも順次PCR検査を受けたが、全員陰性であることが確認された。

発表のあった13日夜はツイッターにて「伊野尾慧は最高のアイドルだよ」など、伊野尾に向けた励ましのハッシュタグが多数トレンド入りを果たしている。


■ファンが憤りを感じたのは…

一方でネット上には、「コロナ禍にも関わらず、遊びまわっているから感染した」など、断定的な口調で伊野尾を揶揄する声も散見された。

しかし、7月に放送されたラジオ番組『らじらー!サタデー』(NHK)では伊野尾が感染リスクを避けるため、美容院に通わず、セルフでヘアカラーをしていたことが明かされている。

当時のエピソードを記憶していたファンからは、「美容院にも行かないくらい危機管理していた伊野尾ちゃんでも感染しちゃうんだ…」「誰よりも自粛していたのに、本当に悔しいね…」「伊野尾ちゃんがプラプラ遊んで感染した、みたいに言うのはやめてほしい」などの反論が上がっていた。

・合わせて読みたい→伊野尾慧、ジュニア時代の秘話明かす ジャニー喜多川氏が「お腹空いてる?」と聞く理由は…

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ