ポスト安倍の座争う3候補が討論会で激論 そのさなか愛妻家らしい一言も

自民党総裁選挙公開討論会が行われ、石破茂、菅義偉、岸田文雄の3候補が激論を交わした。

2020/09/09 19:00


 

■少子高齢化を止める施策

少子化に歯止めがかからないことについて質問が飛ぶと、石破氏は「理由は3つだと思う。結婚する人が減った。する年齢がどんどん遅くなった。そして出生率が高いベスト10は香川を除く9県が山陰、九州、沖縄であり、一番低いのが東京であること。なぜそこに人が集まるのか、原因があるはずだ」と言及。

続けて「宮城が全国45位、46位であるのは、仙台への一極集中が進んでいるから。すべてに理由があるのであって、一つ一つ解明していってそれを解決していくことだと思っている。無痛分娩、不妊治療にも力を尽くしていかなければならない。できることはたくさんあるはず」と説明し、それを実現するためにも地方創生が大事だと説いた。


関連記事:ポスト安倍を狙う岸田文雄・菅義偉・石破茂の攻防 キングメーカーは二階幹事長

 

■妻へのメッセージ

菅義偉

菅氏は「昨年消費税を引き上げ、その約2兆円で幼稚園、保育園、保育所、大学、専門学校の無償化を進め、子育ての経済的負担軽減を進めた。また、男性の育児参加を促進するため、国家公務員については育休を1ヶ月以上とることとした。待機児童問題に終止符を打つと同時に、子供を産むハードルを下げるべきだと思っている。出産を希望する世帯を広く支援するため、不妊治療の保険適用も実現したいと思う」と、思い描く施策を訴えた。

岸田文雄

岸田氏は「社会全体を変えていかなくてはいけない課題。そのため様々な切り口を合わせていく。育休などの環境整備、保育所などの受け皿の整備、出産費用を実質ゼロにする後押し。こういったことが重要だ。結婚についても自治体とNPOが協力して後押ししていきたい」と具体策を示した。

石破茂

さらに「活動を支えてきた奥様への感謝の言葉はあるか」と質問が上がると、石破氏は「素敵な人です。私にとって無くてはならない人」と触れた上で、選挙戦での献身的なサポートを回顧しつつ「本当にありがたい妻です」と語った。菅氏は「今回の総裁選の支援を取り付けるのに一番苦労したのが家内」と打ち明け、岸田氏は「毎日電話を欠かさない」関係だとした上で、「これからも大事にしたいと思っている」と愛妻家な一面を見せた。

・合わせて読みたい→『スッキリ』暴走気味の石破茂に加藤浩次が… 名フォローに「総裁選出られる」

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤星生

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

選挙自民党政策総理大臣石破茂総裁選菅義偉ポスト安倍岸田文雄自民党青年局討論会
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング