古市憲寿氏、自身のネットニュースの嫌なところを告白 「内容はどうでもいいけど…」

内容よりも画像がイヤ? 社会学者の古市憲寿氏が、自身の話題を記事にするネットニュースに物を申した。

2020/10/14 08:20


古市憲寿

社会学者の古市憲寿氏が、13日深夜放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演。自身の話題を伝えるネットニュースに対し、気に入らないという点を指摘した。


 


 

■見栄えを気にする古市氏

番組中、話題は古市氏のSNS投稿に及び、古市氏は「10枚に1枚は猫の画像を入れるようにしている」と告白。長嶋一茂が「自分で自分のこと可愛いと思ってるの?」と質問すると、「可愛いとは思ってない。好感度を上げたいなって」と、その狙いを明かす。

さらに、「汚いよりはちゃんとしておきたい」「見苦しくないようにしたい」と続けると、司会のフットボールアワー・後藤輝基は「そういえば、前も言うてましたよね? 『ネットニュースで上がる自分の写真がスゴく嫌』って」と話を広げていった。


関連記事:古市憲寿氏が『とくダネ!』で東出昌大と話さなかった理由とは 期待した視聴者も

 

 

■ショックを受けたことも

古市氏は「書いてあることはどうでもいいんですけど…」と答え、内容はさほど気にしていない模様。しかし、「昔、おばさんみたいな写真が使われてて…」と、ニュース画像の写りが気に入らないことがあったと明かした。

さらに「ショックだった体験」として、友人の高校の学園祭に行ったエピソードを披露。高校生が自身のファンだと話しかけてきたのだが、同生徒は「おばさんみたい」というその写真を待ち受けにしていたそうだ。


関連記事:中居正広、古市憲寿氏の本に出演 明かされた本人は「許可してない」と驚き

 

 

■高所得者ほど写真うつりが良い?

アングルやタイミングを決められる自撮りに比べ、人から撮られた写真は満足いく写りになりにくいもの。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,733名を対象に調査したところ、「自分は写真うつりが良いと思う」と回答した人は全体の11.7%だった。年収別に見ると、高所得者ほど「うつりが良い」と感じる傾向にあることが分かっている。

写真写り

お金に余裕があれば、心にも余裕ができるのかも?

・合わせて読みたい→『とくダネ』古市憲寿氏、コロナ差別のマスコミ責任に言及 アンチからも共感の声

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
対象:全国10代~60代の男女1733名 (有効回答数)

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

テレビ画像写真フットボールアワー後藤輝基ウチのガヤがすみません!古市憲寿
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング