渡辺直美、厳戒態勢となったNYの状況明かす 「怖くなってきた…」

お笑いタレントの渡辺直美が自身のインスタグラムストーリーを更新し、大統領選挙を迎えたアメリカ・ニューヨークの街並みを紹介した。

エンタメ

2020/11/04 19:00

渡辺直美

お笑いタレントの渡辺直美が4日に自身のインスタグラムのストーリーを更新。2020年の大統領選挙の最中であるアメリカ・ニューヨークの状況を伝えている。



 

■SOHO地区の様子を紹介

2019年からニューヨークと東京を行き来する生活をしており、2020年にはマンハッタンのダウンタウンに自宅を購入したことでも、話題になっていた渡辺。

現在は仕事のため、ニューヨークに滞在しており、4日に更新されたストーリーでは、ダウンタウンにあるSOHO地区の様子を動画で紹介している。


関連記事:渡辺直美がアメリカのギャラ事情を告白 「クラブに顔を出すだけで…」

 

■暴動対策で窓が塞がれ…

ストーリーに投稿された動画では、アパレルショップなどが並ぶストリートを歩いている渡辺。しかしどのお店の窓にも木の板が打ち付けられており、これまで渡辺が紹介してきたSOHO地区の様子からは想像できないほど異様な光景が広がる。

これはアメリカ大統領選挙による暴動対策のためで、渡辺は「前はファッション街だったんだけど、お店はほぼ板」「これを見たら怖くなってきた…。とりあえずサッと買い物して家に籠る」と、普段とは違う町の様子に恐怖を感じたと明かしている。

次ページ
■外食も厳しい