鬼滅の刃にも出た『大正時代の天ぷら』を最強職人が再現 その味わいに感動

鬼滅の刃に登場した大正時代の天ぷら、完全再現したお味は?

グルメ

2020/11/09 10:00

大ヒット作品『鬼滅の刃』に登場するグルメといえば、せんべいや山かけうどん、おはぎなどさまざまだが、その中でも描写がとくに美味しそうなことで知られているのが『天ぷら』だ。


画像をもっと見る

 

■大正時代の天ぷらはどれほどの味?

鬼を退治したあと、傷を癒すために訪れた「藤の花の家紋の家」で伊之助が食べ、その後好物になるほど美味しかったというストーリーもあるのだが、実際にどれほどの美味しさなのだろうか?

見た目を再現した人は多数いるが、大正時代の天ぷらの味まで再現したものは見かけなかった。そこで、再現に最適な天ぷら職人がマスターの店に依頼し、大正時代の天ぷらを作ってもらうことにした。


関連記事:セブンイレブン限定で『赤いたぬき』発売 縦長であの作業も必要なし

 

■創作天ぷらのパイオニアに協力を依頼

その店とは、大阪市にある『天麩羅天』。マスターは過去にテレビやYouTubeに多数出演しており、天ぷらの腕だけでなく、超激ウマな創作天ぷらのパイオニアとしても有名な、知る人ぞ知る店だ。

一流の天ぷらを揚げる技術だけでなく、創作天ぷらを作る創造性にも優れているマスターなら、きっと大正時代の天ぷらを再現してくれるに違いない。

依頼すると、藤の花の家紋の家のおばあちゃんの名前はひささんで、天麩羅天のマスターの名前もひさしらしく、ひさ繋がりで快くOKしてくれた。

次ページ
■大正時代と現代の天ぷらの違いとは

この記事の画像(12枚)