千鳥・ノブ、浜田雅功のロケ中の行動に感涙 「カッコいい…」

『ダウンタウンなう』では千鳥・ノブが浜田雅功に関するエピソードを披露。視聴者からは感動の声が。

エンタメ

2020/11/14 08:00

千鳥・ノブ

13日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、特別企画「人志松本の酒のツマミになる話」を放送。千鳥・ノブが語った浜田雅功に関するエピソードが、視聴者のあいだで話題になっている。



 

■真顔で語り出すノブ

お酒を飲みながら、各々が持ち寄ったテーマについてざっくばらんに話し合うこの企画。ノブが掲げたテーマは「芸能界でカッコいいと思った人は誰?」というものだった。

お題を出した人から話し始めるという暗黙のルールの下、「僕は浜田さん」と話すノブ。「ほんまに思ってんねんやろうな?」という松本人志のツッコミに対して、真顔で「はい」と答え語り始めたのは、大阪でのあるロケのことだった。


関連記事:松本人志、箸袋にサイン求める失礼なファンと遭遇 爽快な対応が話題に

 

■空気を変えた浜田の一言

その日、半ばドッキリのようなかたちで、後輩芸人2人を連れてノブの自宅にアポなし訪問をした浜田。家の中を歩き周り、高級品などを見つけて、視聴者に勝手にプレゼントするという趣旨だったのだそう。

後輩芸人が探し、「はい、シャネルのバック見つけましたー! 視聴者プレゼントー」というようなノリでやっていたところ、ある物に対し、浜田が「それはあかん」と表情を変えたという。

その物とは、ドラえもんのドンジャラ。ノブが家族で使っている物だと悟ったのか、「子供の思い出や。返してこい」と命じたのだそう。ノブは思わず「カッコいいー!」と声を上げてしまったようだ。

次ページ
■「最高のエピソード」