セブンイレブン新発売の「ひとくちサンド」 ハリボテ騒動を完全払拭か

セブン-イレブンの『ひとくちサンド(とんかつ&厚焼たまご)』。気になる中身は…

グッズ

2020/11/20 05:30

具材たっぷりに見える断面図とは裏腹に後方部分に具がない…という「ハリボテ」騒動が話題になったセブン−イレブン(以下、セブン)のサンドイッチ。

しらべぇ編集部ではこれまでサンドイッチを一斉検証したり、騒動後に新発売となったサンドイッチを検証したり、トーストサンドはどうなのかという検証もしてきた。


画像をもっと見る

 

■一口サイズのサンドイッチ

セブン-イレブン

そうした中、セブンは11月18日から『ひとくちサンド(とんかつ&厚焼たまご)』(税込354円)を北海道、東北、関東、静岡県で販売開始。

セブン-イレブン

とんかつと、厚焼き玉子が詰まった一口サイズのサンドイッチ。このサイズでもしもハリボテだったら…と考えると、消費者としてはかなり悲しいものだが…。


関連記事:セブンイレブンのハリボテサンドイッチ技術が向上か その高等テクニックがスゴい

 

■味は十分においしい!

セブン-イレブン

写真のとおり、とんかつは分厚いサイズで、一口サイズながらそこそこの食べごたえはある。また、甘辛い味付けのソースに、からしとブラックペッパーがほどよいアクセントでウマい。

セブン-イレブン

厚焼き玉子は、セブンオリジナルの「ななたま」を使用。それがほのかに上品な甘さを感じるが、とんかつを食べた後だと若干の物足りなさは感じる。記者の好みで言えば、「もう少し味が濃ければ…」と思うところはあるが、これもとんかつ同様に十分なクオリティーだ。

一口サイズのサンドイッチ4つで税込354円と考えると若干割高な印象はあるが、サンドイッチの味に定評があるセブンだけに、食べ終わったあとの満足感は「さすが」の一言。

食べているときに「スカスカだな…」とはまったく感じなかったが、中身はどのようになっているのだろうか…

次ページ
■とんかつサンドの中身は…

この記事の画像(6枚)