おかもとまりさん、誹謗中傷してきた女性と対面 そこで見た意外な行動とは…

元タレントのおかもとまりさんを苦しめていた誹謗中傷。相手と直接対話をしたら…

エンタメ

2020/11/24 15:15

おかもとまり

元ものまねタレントのおかもとまりさんが24日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)にVTR出演。SNS上で自らを誹謗中傷をし続けてきた相手と対面したことを明かした。



 

■誹謗中傷に悩む日々

5歳の息子と2人暮らしのおかもとさんは、ことし6月頃から家族に関する誹謗中傷に悩んでいたという。書き込み主は、おかもとさんが自身の子供に「生まれてこなければよかったのに」と言ったなどの嘘の情報を拡散していたという。

一連の書き込みに「本当に不気味なので、これが本当に身近な人だったら一番怖い」「匿名相手に恐怖を抱くって本当に怖いし気持ち悪いことだからはっきりさせたい」と感じたおかもとさんは、7月に誹謗中傷した人物の情報開示を求めて裁判所に申し立てをすることに。

その後、9月に情報開示が認められて「見えない恐怖戦わなくていいんだな」と思っていたところ、相手から示談の申し出があり、直接会っての謝罪を条件に示談に応じることしたという。


関連記事:誹謗中傷される芸能人問題 「SNSの批判コメント」は有名税の範囲か

 

■相手と直接対峙

対面の日、おかもとさんの前に現れたのは女性で、第一印象は「おとなしそうな普通の女性」だったとのこと。結婚もしており、示談の場には女性側の弁護士と共に夫もいたという。

女性は終始うつむいた状態で、小さな声で謝罪を繰り返し、おかもとさんと視線は合わせなかったよう。さらに、会話の最中に強く唇を噛むしぐさを繰り返していたことから、おかもとさんは「納得していない感じ。本心から反省はしていない」との印象を受けたという。

次ページ
■誹謗中傷をする人に訴え