松本人志、ツイッター投稿の変化に言及 「気づかなかった…」と反響

『ダウンタウンなう』では「SNS上での絵文字の使用」がテーマに。松本のコメントが話題を呼んでいる。

エンタメ

2020/11/27 23:45

ダウンタウン・松本人志

27日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気企画「本音でハシゴ酒」では、松本人志のツイッター上の”ある変化”が話題に。視聴者からは「気づかなかった…」との声が上がっている。



 

■絵文字が増えている理由は?

女優・矢田亜希子をゲストに迎えての今回、「SNS上での絵文字・スタンプの使用について」をテーマに盛り上がる一同。そんな中、MC・坂上忍から松本に関する思わぬタレコミが入る。

それは「最近、ツイッター上の絵文字が増えている」というもの。これに心当たりがあるのか、笑い始める松本。番組では11月中の投稿が映し出されるのだが、坂上の示すとおり、そのほとんどに絵文字が使われている。

記者が実際にツイッターを確認してみたところ、今年8月以降、確かに絵文字の使用が増えているようだ。当の松本は、その理由について「好感度かな…」とボケをかまし、スタジオに笑いを誘っていた。


関連記事:村上信五、若者指摘の”おじさん認定絵文字”に落胆 「俺、使う」

 

■「言われてみれば…」

その後、絵文字を使う本当の理由として「一回使っちゃうと、もう使わないと、逆に『怒ってるのかな』と(思われる)」と語った松本。これに、矢田は「分かります、分かります」と大きく共感する。

視聴者からは、この松本の絵文字使用に「確かに言われてみれば…全然気づかなかった」「毎回癒されてます」とさまざまな反響が寄せられた。

次ページ
■絵文字がないとぶっきらぼう?