低気圧が急発達、暴風・大雨・大雪・高潮に警戒を 気象予報士が解説

週明け月曜から火曜にかけて低気圧が発達。東日本には大きな影響を与える可能性も。気象予報士・千種ゆり子さんが解説。

話題

2021/02/14 20:30

気象予報士・千種ゆり子

15(月)~16(火)にかけて、低気圧が急発達しながら、関東・東北・北海道付近を北上します。 注意点が地域によって異なりますので、地域ごとの警戒点を気象予報士の千種ゆり子が解説します。


画像をもっと見る

 

■関東は昼頃に雨・風・雷のピーク

天気図

関東では朝から雨が降り、昼頃に雨・風・雷がピークとなります。レインコートや長靴が欲しくなるレベル、傘があっても足元が濡れるくらいの荒れた天気になります。

瞬間的に35メートルと、看板が落下するような危険な風も吹きます。 夕方には雨・風が収まりますので、急ぎでない外出・買い物は明日の夕方にずらすとよさそうです。


関連記事:7日から冬の嵐で猛吹雪による立往生の恐れ 不要不急の外出控えて

 

■東北は夕方に大荒れピーク

天気図

東北でも大雨・暴風・雷に警戒が必要です。 震度6強の地震があった地域でも、夕方に雨が強まり、警報レベルの暴風となります。 予想雨量は15(月)夕方までに多い所で80ミリと、今年一番のまとまった雨になる予想です。

屋根にかけているブルーシートが飛ばされたり、壊れた屋根から雨漏りしたりするような危険があります。復旧作業も難しくなるでしょう。地震で地盤が緩んでいますので、さらなる土砂災害発生の恐れもあります。

次ページ
■北海道は暴風+大雪でホワイトアウトの恐れも

この記事の画像(4枚)