伊野尾慧、『鉄腕DASH』で意外な経歴と知識を披露 松岡昌宏が驚く場面も

『鉄腕DASH』に出演した伊野尾慧が、経歴と知識で城島と松岡を…

テレビ

2021/02/28 22:10

伊野尾慧・Hey! Say! JUMP

28日放送の『ザ!鉄腕!DASH!』(日本テレビ系)にHey!Say!JUMPの伊野尾慧が出演。その意外な経歴と知識に、松岡昌宏が驚くシーンがあった。



 

■3人がレモン農家を訪れる

城島茂と松岡、そしてゲストの伊野尾が集合すると、松岡がさっそく「本音いいですか? 邪魔じゃね?」とジャブ。2人はドラマで共演していたこともあり、かなり仲は良好な様子だった。

そんな3人が向かったのは千葉県松戸市の住宅街にあるレモン農家。中国原産の「マイヤーレモン」を育てているのだそう。城島がレモンを持つと松岡が「あなた1人じゃ表紙は飾れないね」「生産者だよ」とバッサリ。伊野尾も「スーパーとかで見るやつですよね」と笑った。


関連記事:小学校で広がる「あだ名禁止」 近藤春菜の的確なコメントが反響呼ぶ

 

■城島に栽培方法を質問

農家を経営する鵜殿さんは、独学で始めたため、本場広島の製法を知らないとのことで、城島に「広島のレモンの栽培方法を教えてもらいたい」と質問。

城島は8年前に広島のレモン農家を訪れた経験を元にアドバイス。松岡は「いよいよそっち側の人間なのね」と驚く。続けて城島は「15℃切るとダメですよね」と千葉県の気温がレモン栽培に適していないことを指摘する。

鵜殿さんは指摘に同調したうえで、枝を多くして覆うことで霜にさらさないよう工夫をして、温度を管理しているのだと話した。

次ページ
■伊野尾が建築知識を披露