くら寿司マニアが薦める「通の食べ方」 えんがわ、ハマチが上限突破するウマさに

くら寿司では「塩わさび」の食べ方がオススメ。とくに美味しく進化したネタは…

グルメ

2021/03/11 07:30

寿司には、醤油の他にもさまざまな食べ方が存在する。人気回転寿司チェーンのくら寿司では、素材本来の味を生かす激ウマアレンジができるのを知っているだろうか。



 

■くら寿司の「塩わさび」とは?

くら寿司

つい先日、しらべぇ編集部のくら寿司マニアから、「テーブルに置いてある本格生わさびと、レーンで流されている塩を合わせた、『塩わさび』でネタを食べるとおいしい」という情報を耳にした。「おいおい、本当なのかい」と半信半疑な記者はさっそく食べてみようと店舗へ足を運んだ。

くら寿司

席についてすぐに、寿司の王道ネタともいえる「極み熟成まぐろ」(税抜100円)を注文。わさびと塩を少しつけてひと口。食べて確信、これはものすごく美味しいぞ…。ピリッとしたわさびの辛味が広がったあとに、マグロ本来のうま味を感じられる。なんて通な食べ方なのだろうか。


関連記事:かっぱ寿司の「牛とろにぎり」が見本と全然違う… 良い意味で裏切りがスゴい

 

■あまり合わない組み合わせも…

くら寿司

想像以上の美味しさに驚いた記者は、他のネタを食べ進めることに。続いて注文した「とろサーモン」(税抜100円)は、脂のクドさが勝ってしまい後味がスッキリとせず…。醤油で食べたほうが美味しいという結果に。

くら寿司

「塩わさび」との相性が良さそうな「旨だれ牛カルビ」(税抜100円)も、アブラがわさびの良さを消してしまう。なにもつけずにそのままが良いだろう。

次ページ
■衝撃の組み合わせと出会ってしまった