学校で被災し“先生”になった女性へ 藤井アナがかけた言葉に視聴者も涙

学校で被災し、現在は保育士として働く女性へのインタビュー。藤井貴彦アナウンサーの「最高に温かいひと言」に視聴者も涙

2021/03/11 19:25


藤井貴彦アナウンサー

東日本大震災の発生から10年となる11日、NHKと民放キー局5局が番組制作を共同で手掛けるプロジェクト「キオク、ともに未来へ。」として、各局で様々な番組が放送されている。

日本テレビでは、同日午後1時55分から『NNN未来へのチカラ』が放送。同局の藤井貴彦アナウンサーが、地震発生時刻と重なる時間帯を担当し、温かい言葉が反響を呼んでいる。


 


 

■津波映像と向き合う

藤井アナは、改めて震災と向き合うことに「もう、(あの日を)思い出したくもないと仰る方もいるかもしれません」としつつ、「それでも、私たちはいつ来てもおかしくない津波に備えてもらい、未来の命を1人でも多く救うために、津波の映像を検証し、命を守る行動を探りました」と説明。

そして番組内では、津波で校舎が全壊し「震災遺構」として残されている、岩手県陸前高田市立気仙中学校の卒業生である女性が、現地からの中継に出演した。


関連記事:藤井アナお手柄? 生放送ミスから新キャラ「さるジロー」誕生で大反響

 

 

■保育士になった女性に「先生」

地震発生当時、学校では体育館で卒業式の練習が行われており、先生たちの指示ですぐに高台へ避難したため、全員が助かった。

現在は地元で保育士として働いているという女性は、「10年前の今日、先生方の的確な指示のおかげで避難することができ、命を救ってもらいました。いまは、自分が保育士として子供たちの命を預かる立場になったので、子供の命を守ることを、最も大事にしています」とコメント。

すると藤井アナは、これまで女性を名字に“さん”を付けて呼んでいたが、中継の最後で「先生、ありがとうございました!」と、めいっぱい温かい言葉でねぎらった。


関連記事:二度目の緊急事態宣言で… 藤井貴彦アナの言葉が「心に刺さる」と反響

 

 

■「泣いた…」多くの反響

コロナ禍においても、人々の不安な心に寄り添い、温かい言葉を発信し続けてきた藤井アナ。

この10年を力強く歩んできた女性への「先生」という藤井アナのひと言には、視聴者からも「本当に藤井アナって素敵な方だなぁ。そしてプロフェッショナルだなぁ」「とっさに『先生』って呼ぶのホントすごい…人良すぎ」「藤井アナの『先生』に涙」「あの保育士の先生になった子、嬉しかったやろなあ」と多くの反響が寄せられている。

・合わせて読みたい→みぞれでも東京は大騒ぎ 藤井アナの「雪国の人々に向けた言葉」に反響

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

テレビ3.11東日本大震災藤井貴彦黙祷NNN未来へのチカラ岩手県陸前高田市キオク、ともに未来へ。
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング