10代女性の3割に敬語からタメ口へ切り替えるマイルールあり 年齢を聞き判断も

最初は敬語で話していても、仲良くなりタメ口になっていく。敬語からタメ口になるのに、ルールはあるのだろうか。

人間関係

2021/03/14 21:00

初対面の人には、敬語で話す人が多いはずだ。しかし仲良くなっていくうちに、タメ口に変わっていく。敬語からタメ口に切り替えるときに、なにかルールはあるのだろうか。


画像をもっと見る

 

■「タメ口へのルールあり」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の18.8%が「敬語からタメ口に切り替える『自分ルール』がある」と回答した。

敬語からタメ口に切り替える自分ルールがあるグラフ


関連記事:嵐・相葉雅紀が大野智とタメ口で話すようになった瞬間 きっかけは「ラーメン」だった

 

■年齢を聞いて年下ならタメ口

性年代別では、男女ともに年代が下がるほどに割合が高くなっている。

敬語からタメ口に切り替える自分ルールがある性年代別グラフ

年齢を聞いて、判断する人もいる。

「初対面の人には、必ず敬語で話すようにしている。ただ年齢を聞いて年下だとわかると、すぐにタメ口に変える。そのほうが、距離が縮まりやすい気がするので」(20代・男性)


心を開いてきたと思ったときから、タメ口になるという人も。

「後輩ができても、最初は敬語で話している。しばらく一緒に仕事をしてお互いに心が開いてきたなと思ったら、だんだんとタメ口にしていく」(20代・女性)

次ページ
■仲良くなってきたらタメ口

この記事の画像(3枚)