ザブングル加藤、コンビ解散の真相暴露 「『ひょうきん族』が終わったようなもの」

解散を発表したザブングル・加藤歩が「解散の真相」を明石家さんまらに解説したのだが…

テレビ

2021/03/28 09:55

ザブングル

27日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に3月末でのコンビ解散を発表したザブングル・加藤歩が登場。解散理由を明かし、明石家さんまらを驚かせた。



 

◼松尾は引退

ニッチェ・近藤くみこと同番組プロデューサーが結婚したため、この日は番組内披露宴が執り行われたのだが、これに加藤は「こっちはコンビ離婚してるのに、ようこんなときに結婚できたな」と八つ当たりしていく。

結成21年にしてコンビ解散となった加藤だが、相方・松尾陽介が解散を申しできてきたと告白。「あいつは芸能界を辞めるけど、僕は120歳までやりますよ、芸歴100年を目指しますよ」とうそぶいた。


関連記事:解散間近のザブングル、ラストコントに芸人仲間も涙 「幸せ者です」

 

◼テレビ初告白

両名を知るさんまは「仲良かったのになんで(解散するん)や?」と疑問を投げかけると、加藤は「松尾から突然『辞める』と言われた、意思は固い感じで」と振り返り「テレビでも言ってない。ひとつ大きな理由がある」と真相を語りだす。

「みなさんご存知の『建設の世界を深堀り ボクらケンセツ部』が終わったのが原因ですね」と、サンテレビで朝6時から放送されていたザブングル唯一のレギュラー番組が終わったのが解散の理由だと熱弁。

苦笑するさんまらだったが「さんまさんで言ったら『ひょうきん族』が終わったようなもの」とフジテレビ伝説の番組『オレたちひょうきん族』を例に出し、笑いを誘った。

次ページ
◼実際には…