関ジャニ横山、店員の「自分も持ってます」アピールに反感 「そっとしといて」

洋服店などのショップ店員の苦悩が明かされ、関ジャニ∞メンバーを驚かせた…

テレビ

2021/04/20 07:25

関ジャニ∞・横山裕

19日放送『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)では洋服などのセレクトショップ販売員の接客について言及。敬遠する客も多い「販売員の接客テクニック」の真相を関ジャニ∞メンバーがひも解いていった。



 

◼店員への不満

番組調査により判明した「世間に聞いた服屋店員への不満」で多かったのは、「自分も同じヤツ持ってますって謎のアピールなに?」「ことあるごとに話しかけられるのが苦手」というもの。

この日は『もう一方の言い分も聞いてみた 服屋編』と題し、世間の声に洋服店販売員が本音で答えていった。


関連記事:柏木由紀、洋服店の試着室の使い方に店員びっくり 「お母さんと一緒に…」

 

◼店員のアピールに…

関ジャニ・村上信五は「同じヤツ持ってますアピール(が苦手なの)はわかる。『そやからなんやねん?』ってなる、イヤやろ」と主張。横山裕もそれに共感して「それ言われたら買えない。マネしたと思われそう」と本心を明かす。

これに業界歴20年以上のセレクトショップオーナーは、「たしかにウソっぽく感じるけど、その言葉を使うことでお客さんと距離を縮めたい」と解説。村上は「縮まらんぞ」とツッコむと、オーナーは「共感してくれればより深い接客ができる」と持論を展開する。

「距離ができてしまったら仕方がない」、イチかバチかのギャンブル要素のある接客法だと力説した。

次ページ
◼キラーワードもあり