松本人志、五輪をめぐる自身のネットニュースに怒り 「一言も言ってない」

あるネットニュースの見出しに対し「誰が言ったんすか?」と『ワイドナショー』で言及した松本。

2021/05/02 12:05


 

■五輪の前にロックダウン?

その後、開催について実際どう思っているのか、との質問が飛ぶと「やっぱり僕は、五輪やるならロックダウンに近い感じの、イギリスがやったくらいのところまで…」と、一度強い措置により感染拡大を抑える必要があることを示唆。

ロックダウンをする場合は2カ月ほどの期間は欲しいとしつつも、「もう時間がない」と焦りを見せる。これに視聴者からは「もし仮に開催するのであれば、より強力な措置で一度おさえるべき」「都市封鎖も要検討」との声が上がる。


関連記事:モト冬樹、コロナ感染拡大の中での聖火リレー“強行”に疑問 「なぜ?」

 

■開催反対の声は増加傾向か

感染拡大に歯止めがかからない状況だけに、余計に際立ってしまう五輪開催への政府の動向。世界的にも多くの国で感染爆発が起こっているだけに、開催反対の声は増えていく一方なのかもしれない。

・合わせて読みたい→松本人志、ガセニュースに怒り 「度が過ぎたら訴えるけどな!」

(文/しらべぇ編集部・東水 壮太

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

ネットニュース看護師松本人志東京五輪ワイドナショーロックダウン五輪組織委員会
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング