霜降り・粗品、実家の焼肉店で千原せいじがブチギレ 内緒でサービスしたが…

実家の焼肉店で「先輩に内緒でサービスしていた」と霜降り明星・粗品が明かして…

テレビ

2021/05/17 09:25

霜降り明星・粗品

16日放送『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)で、霜降り明星・粗品が実家の焼肉店で「先輩に内緒でしていたサービス」について言及。千原兄弟・千原せいじの驚きの反応を明かし、お笑いファンを騒然とさせている。



 

◼変なキレ方

「心配になる人の目撃情報」を芸人が再現コント化していく人気企画『シンパイな生き物図鑑』をこの日は放送。

「変なキレかた目・絶対に許さない科」と題し、お笑いコンビ・ダニエルズが「理不尽な上司の提案に熱くなり、机を叩いて先輩を説得する部下」と「大声を出した部下にずっと怒り続ける先輩」を演じて笑いを誘った。


関連記事:霜降り・せいや、実家購入で背負った4000万円ローンで苦悩 「スベるたびに…」

 

◼粗品は実家で…

ここから「周りに変なキレかたをする人がいるか」出演陣に質問。「先輩に理不尽に食らった(怒られた)経験がある」と粗品が口を開く。

実家の焼肉店で働いていたころ、先輩芸人が来店したさいには「先輩に内緒で料金をサービスしていて、5,400円の会計を5,000円ぐらいにしていた」と粗品は吐露。

かまいたち・濱家隆一などはそれに気づき「サービスしてくれてない?」と心配して粗品に声をかけてくる場合もあり、それに「『してないですよ』って返すのが粋で、手応えを感じていた」と振り返る。

次ページ
◼せいじにもサービス