”最後のWindows”のサポート終了が発表 ユーザーからは驚きの声

MicrosoftがWindows10のサポートを2025年に終了すると発表。驚きの声が広がっている。

話題

2021/06/14 18:15

(dowell/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

Microsoftは「Windows10」のサポートを2025年に終了すると発表。ネット上では、ユーザーからの驚きの声が相次いでいる。



 

■Windows10のサポート終了へ

Microsoftは、同社のホームページ内に掲載されている「Microsoft ライフサイクル ポリシー」にて、「Windows 10 Home」および「Windows 10 Pro」のサポートを2025年10月14日に終了すると発表した。

同社では、「次世代のWindows」に関する情報を日本時間の25日0時に発表する予定となっている。


関連記事:毎日更新を終了した『いらすとや』 最後のイラストに「グッとくる」「泣ける」

 

■「最後のWindows」といった発言も

Microsoftは、2015年に開催されたイベントの中で、Microsoft の開発部門の責任者が「今後、Windows11はもう登場しない。Windows10が最後のWindowsだ」といった旨の発言をしていた。

この発言から、一部のユーザーの間では「Windows10以降のOSは発売されず、今後はアップデートで更新されていく」と理解されており、混乱するユーザーも少なくなかったようだ。


■ユーザーからは疑問の声が

今回の発表を受けて、ツイッター上では「最後のWindowsなのに10のサポート終了するのか…」「え、最後のWindowsなんじゃないの?」「普通にびっくりなんだけど」といった驚きの声が相次いでいる。

また「次のOSはどんな感じなんだろう」「次世代な感じだと嬉しいよね」など、Windowsの新OSの発売を楽しみにしている様子のユーザーも多数確認できた。

・合わせて読みたい→内村航平選手との契約断念 リンガーハットの「正直な発表」に声援相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・北田力也

この記事の画像(1枚)