望月芹名、2歳愛娘の育児でバタバタ 「美容時間を作ることが難しくなって」

モデルの望月芹名とスポーツトレーナーの原島美波氏らがトークショーを開催。美の追求について語った。

エンタメ

2021/06/17 13:30

BX Refeelas スパークリングビューティーアワード2021

モデル・望月芹名とスポーツトレーナーでDNAアドバイザーの原島美波氏らが16日、東京・恵比寿で行われた『BX Refeelas スパークリングビューティーアワード2021』でスペシャルトークショーを行った。



 

■変化こそ欠かせないもの

同イベントは、『BX Refeelas オールインワンジェル』(株式会社CloudNine)が開催。望月は、「会場にいらっしゃる皆様が本当に若々しくてエネルギッシュ! 私自身も前向きな変化を求めていきたい」と話した。

このジェルは、「ビューティートランスフォーメーション(ドラマチックな変化)」がテーマ。

「この2年間は妊娠・出産があり、モデル業のほか、エディター業務兼任。さらに今年からは支援事業をメインにした社団法人も立ち上げて、母親業、モデル業、法人業とバタバタ。でもそんな“変化”こそ、私の人生の中で欠かせないもの」と、自身との共通点を挙げた。


関連記事:『監察医 朝顔』望月歩が設定した「“ウッシー”が医者を目指す理由」が深い

 

■内面の美と外側からのケア

原島氏は、「人生100年時代において、いつまでも若々しくいられることがこれからの重要なテーマ。ただし健康寿命を延ばさなければ意味がありません。腸内環境をいかに整えるか。その内面の美を追求するのも必要」と語る。

続けて、「同時に外側からのケアも必要で、肌のキメが細かい方はお肌のガードもできている状態。その点において、肌への浸透を高める成分が入っているなど優秀です」と太鼓判を押した。

次ページ
■一緒に進化していきたい