店頭で見かけた看板、衝撃の事実判明 デザインが「人間業じゃない」と話題に

カードゲームショップの店頭にて見かけた、とある看板。誕生までの秘話がネット上で大いに話題となっており…。

2021/06/25 05:45


人類が生み出した偉大な発明は数多く存在するが、やはり文章に携わる人間としては「印刷技術」の発明は見逃せない。しかし近ごろ「人類の英知の結晶」とも呼ぶべき印刷技術に強力なライバルが出現し、ツイッター上を騒然とさせていることをご存知だろうか。


画像をもっと見る

 


 

■製作までの過程がとんでもない

注目を集めているのは、『マジック:ザ・ギャザリング』(以下、MTG)専門店「信心亭」の金属細工師さんが、20日に投稿した一件のツイート。

投稿には木製の板と白い文字シールによって作られた「看板」の様子が確認できるのだが…よくよく見るとこちらの看板の文字は印刷されたものでなく、金属細工師さんが「手書き」で書いたものであることが判明したのだ。

ツイート本文にて「来る人来る人に『それ手書きだったの!?』って言われるんですけど、手書きです!」ともつづられているように、やはり見る者に多大なる衝撃を与えまくっている模様。


関連記事:「家に現金が隠されている」噂を信じた家族 宝探しのプロに依頼し大金発見で話題に

 

 

■「金属細工師」の名は伊達じゃなかった

看板
(画像提供:金属細工師さん)

ツイッターネームの「金属細工師」という名前は、MTGに登場する同名のカードが元ネタと思われるが、ゲーム内での金属細工師は、いわゆる「ぶっ壊れカード」が多いことで有名な「ウルザブロック」における3番目のセット「ウルザズ・デスティニー」に収録されたレアカード。

金属細工師
(©Wizards of the Coast LLC.)

「手札にある特定のカードを対戦相手に好きなだけ公開する」ことを条件にゲーム内で呪文を唱えるリソース(マナ)を生み出すことが可能で、使い方次第では無限のマナを生み出すこともできる。少しでもMTGをかじった経験のある人ならば、これがいかに極悪な能力か理解できるだろう。

ちなみに記者と同じアラサー世代に向けて説明すると、かつて『月刊コロコロコミック』にて連載していた『デュエル・マスターズ』(MTG期)にて、難波金太郎が使用していたカードである。

話題のツイートは、そんな「金属細工師」の名に恥じぬバズり具合を見せており、無限のマナ…とまではいかずとも、投稿からわずか数日で3.3万件以上ものRTを記録。そこで今回はツイート投稿主の金属細工師さんに、ことの経緯をめぐっての取材を敢行したところ、看板に秘められた新たな真実が明らかになったのだ。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■製作時の「道具」に驚き…
ゲームツイッターカードゲーム看板カード話題MTG
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング