街で見かけたダサい名前のマンション 意外すぎる正体に「マジか…」と反響相次ぐ

思わず二度見してしまう名前をしたビルやマンション。じつは「ある重要な役割」を担っていることをご存知だろうか。

話題

2021/07/01 12:15

マンション

マンションやアパートの名前といえば「コーポ」「メゾン」「ハイツ」といったワードが使用された建物を思い浮かべる人も少なくないはず。

中には思わず二度見してしまうほどエッジの効いた名前の建物も存在するが、ツイッター上ではそういった建物に関する「とある説」が話題となっているのをご存知だろうか。



 

■「ダサい」名前には理由があった?

注目を集めているのは、ツイッターユーザー・山口慶明さんが16日に投稿した一件のツイート。

「とある不動産オーナーから聞いたんですが」と始まる投稿には、「マンションやビルでたまにとんでもなくダサい変な名前が付いているのは、ヤクザが入居しないための工夫らしい」という一文がつづられていたのだ。

その後は「例えば『ひよこビル』とか『いちごビル』とかだと、そのスジの人は本人も事務所も、入居をためらうとのこと」「この発想は色んなことに応用が効くと思う」と、具体例を挙げつつの説明がされている。


関連記事:DJ KOO、名前を大文字にした理由は… チコちゃんに叱られるシーンも

 

■意外な秘密に驚きの声

瞬く間に拡散され、3万件以上ものRTを記録しているこちらのツイート。

他のユーザーからは「マジか…この発想は面白いな」「昔住んでいたマンションの名前がダサくて嫌だったんだけど、そういうことだったのね…」といった納得の声が相次いでいる。

また、微笑ましい名前の物件を所有するユーザーからは「この名前のおかげで反社が寄りつきません。素敵なお客様ばかりです」と実体験に基づいたリプライが寄せられていた。そこで今回は、物件に関するエキスパートたちに詳しい話を聞いてみることに。

次ページ
■実際に関係者に聞いてみると…

この記事の画像(1枚)