マツコ、『月曜から夜ふかし』でパスタの食べ方を熱弁 納得の声も

マツコ・デラックスがパスタの食べ方を熱弁。村上信五も独自の食べ方を語るが、どちらもある配慮があったようで…。

テレビ

2021/07/06 07:45

マツコ・デラックス

5日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが「パスタの食べ方」について熱く語った。



 

■コロナ裏のニュースを紹介

番組ではコロナ裏で発生したニュースを紹介。その1つとして、島根県津和野町で、観光客を取り戻すために300メートルの流しそうめんを企画したことを取り上げる。

津和野町は実行に移そうとしたものの、「コロナ禍で食べ物はダメ」というクレームが付いてしまい、竹を100本以上切ってしまったことから後に引けず「流れるそうめんを見送る」という、シュールなイベントになってしまったのだという。


関連記事:マツコ、アウトドア派に「印象はバカ」と持論 飯盒カレーも「店のほうが美味い」

 

■話はパスタに

スタジオでは「そうめんを何束食べられるか」という話から、パスタへと移り、マツコが「パスタも1袋を食べる」「私にとってはあれが1食分」と話す。

驚いた村上信五が「なにをかけて食うてんの? そのパスタ」と質問すると、「なにかけて食うかは俺の勝手だろ」と一蹴する。すると村上は「足らんやろうよソースが」と食い下がった。

次ページ
■マツコが持論