陣内智則、自身が原因で共演者ガチ切れの過去 本人帰宅し収録中断

「やかましいな!」とガッツ石松氏の頭をパチーン。これが逆鱗に触れてしまい…。

テレビ

2021/07/29 08:40

陣内智則

お笑い芸人の陣内智則が28日放送の『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)に出演。元プロボクサー・ガッツ石松氏の逆鱗に触れてしまいボコボコにされたエピソードを披露した



 

■東京進出し「なんかやらなあかん」

東京進出後、特番のクイズ番組に参加したときの出来事。ネプチューン、爆笑問題、くりぃむしちゅーといったそうそうたる面子がスタジオに集結しており、陣内は「なんかやらなあかん」と爪痕を残そうと燃えていた。

そんな中、チャンスがやってくる。進行役が番組のルール説明をしているときに、隣にいた共演者のガッツ氏がしゃべりかけてきたのだ。


関連記事:バービー、陣内智則が夫婦関係に与えた影響明かす 「夜はスゴい燃える」

 

■カウンター攻撃でボコボコに

「ずっと俺にしゃべりかけてくんねん。で、俺はウケると思って『やかましいな!』って頭をパチーンって叩いてん」。

しかし、これがガッツ氏の怒りを買ってしまい、陣内は「幻の右」と言われている切れのあるパンチやエルボー、ひざ蹴りといったカウンター攻撃を食らう。そして陣内をボコボコにしたガッツ氏は「怒って帰った」という。

次ページ
■収録は中断