デーブ・スペクター、五輪終了後の現実を憂慮 「そろそろ興奮の効き目が…」

コロナ禍の五輪開催に懐疑的なデーブ。終了後の現実を案じるツイートに、ユーザーからはダジャレコメントも。

2021/08/04 19:15

デーブ・スペクター

タレントでテレビプロデューサーのデーブ・スペクターが4日、公式ツイッターを更新。東京五輪終了後の状況への憂慮を示した。



 

■「年末まで延長」のネタツイートも

以前から政府の感染対策を一貫して批判し、コロナ禍での五輪開催にも懐疑的な様子のデーブ。3日夜には、「政府は国民の自宅待機促進と非難の矛先回避のために、五輪会期の年末までの延長を提案へ」とネタツイートを披露していた。


関連記事:デーブ・スペクター、東京五輪開会式を実況 「和太鼓が和田アキ子に聞こえて…」

 

■終わったらコロナ禍が…

現在は、日本代表選手のメダルラッシュにメディアやSNSも沸いているが、デーブは4日の投稿で「五輪期間中は見ている方もアドレナリン出まくってますが、終わったら大借金とコロナ禍が待ってるかと思うと、そろそろ興奮の効き目が切れてきた感じがします(個人の感想です)」とつづった。


■「世界中がもうこり五輪」

ユーザーからは、「ニュース番組がコロナばかりになり、現実を知ることになりそうですね」「コロナ禍、医療崩壊、経済危機、大増税と…。五輪閉会後にどっと押し寄せるでしょうね」との賛同が。

また、「お金使いすぎて回収できないのがおっかねー」「たぶん、世界中がもうこり五輪って言うね」「遺産残して胃酸が増える将来の日本人」「金の切れ目が円(縁)の切れ目になる?」とダジャレを交えた嘆きのコメントも多数寄せられている。

・合わせて読みたい→デーブ・スペクターのオチなしツイートに反響 「そんなに五輪やりたいなら」

(文/しらべぇ編集部・けろこ

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

政府ダジャレ東京オリンピック批判東京五輪デーブ・スペクター公式ツイッター感染対策コロナ禍
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング