『めざまし8』永島優美アナ、テレ朝の五輪打ち上げ問題に言及 「信頼を失う」

テレビ朝日の社員らによる宴会問題。永島優美アナウンサーが改めて怒りを露わにした。

2021/08/11 13:10

フジテレビ

11日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)では、テレビ朝日の五輪番組を担当した社員らが打ち上げを行なっていたことについて特集。番組の永島優美アナウンサーが怒りを露わにした。



 

■テレビ朝日の社員が宴会

報道によると、東京五輪番組を制作した同局のスポーツ局の社員6人と、社外スタッフ4人の計10人が東京オリンピックの閉会式後に「打ち上げ」と称してカラオケで宴会を開き、翌9日未明に女性社員1人が誤ってビル2階から転落し、緊急搬送された。

この問題について、テレビ朝日は「不要不急の外出の自粛を呼びかける立場にありながら、著しく自覚を欠く行動があったことは大変遺憾であり、深く反省しています」とコメントしている。


関連記事:『めざまし』伊野尾慧、まさかの三角関係が浮き彫りに… 「かわいすぎる」の声

 

■永島アナは「メディアとしての信頼を失う」

この報道に番組MC・谷原章介は「盛り上がったオリンピックの後、とても残念なニュースがありましたね…」とこぼす。

弁護士の若狭勝氏も「社会のルールっていうのが、どんどん崩れていく一つの象徴的な例としては、内部の人間がルールを守らないということによって、どんどん拡散して、ルールがなし崩し的になっていく」とコメント。

永島アナは東京オリンピックの競技会場などでは厳重な感染症対策が取られていたことに触れ、宴会に参加したテレビ朝日社員の中に「会場に出入りしていた人かは分かりませんが」と前置きしつつ、「終わった途端にこういう行動を取るっていうのは、本当にメディアとしての信頼を失うものになるなと思います」と怒りを露わにした。


■谷原も「絶対にあってはいけない」

この永島アナの発言に、谷原は「オリンピックは終わったって言っても、緊急事態宣言が出ているという状況は変わっていない。メディアに携わる人間として、こういうことは絶対にあってはいけないですし、僕ら自身もこういうことを起こさないよう、気を引き締めて改めて徹底していきたい」と語った。

今回の放送を受け、ツイッター上では視聴者から「仰る通りです」「永島さんが珍しく辛辣に」といったコメントがつぶやかれている。

・合わせて読みたい→『めざまし8』に登場した“お馴染みの顔”に視聴者歓喜 「落ち着く」

(文/しらべぇ編集部・北田力也

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

テレビ宴会東京オリンピックテレビ朝日新型コロナウイルスめざまし8
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング