松本人志、「宮迫がおかしくなった」と感じた出来事 東野幸治も反応

松本人志が雨上がり決死隊の解散番組について言及。厳しいながらも愛のあるコメントにネットの反応は…。

テレビ

2021/08/22 13:40

ダウンタウン・松本人志

ダウンタウンの松本人志が22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』で解散を発表した雨上がり決死隊について言及した。



 

■「アクリル板以上の分厚い壁」を感じた

「浜田が俺の言ってることで笑ってるのがおもろい」と相方・浜田雅功を笑わせることが優先順位が高いと話した松本。

「もともとそうやったのか、途中で何かきっかけがあってそうなったのか、そういう価値観が、優先順位が違ってきたんだろうな」と解散の原因となった宮迫博之と蛍原徹の価値観のズレに言及し、『アメトーーク』を見て「アクリル板以上の分厚い壁」を感じ取ったという。


関連記事:雨上がり解散、矢作兼のぶっちゃけ発言に反響 「鋭利すぎる」「さすが」

 

■「2時間アレをやるなら…」

『アメトーーク』では、宮迫と蛍原が解散の経緯を説明する他、東野幸治や出川哲朗などゆかりのあるゲストが出演してトークを展開していた。

しかし松本は、「2時間アレをやるなら、宮迫に巻き込まれた彼らを出してあげてほしかったな」とそもそもの発端となった「闇営業問題」で宮迫と共に出ていた後輩芸人たちを番組に出すべきではなかったのかと提案。

「そこで彼らに思いの丈をいっぱい言って、彼らも笑いで絶対やってくれるやろし、そこでノーサイドというか、皆で楽しく終われたんちゃうかな。俺ならそうしたかったかな」と明かす。

次ページ
■宮迫がおかしくなった瞬間?