東国原英夫、衆院9月解散に否定的 総裁選は「複数候補者が政策論争すべき」

元衆議院議員の東国原英夫が9月解散に否定的見解を明らかにした。

2021/08/29 16:15

東国原英夫・そのまんま東
(写真提供:JP News)

元衆議院議員でタレントの東国原英夫が29日にツイッターを更新。間近に迫る自民党総裁選に向けて「複数候補者がフルスペックで…」と持論を語った。



 

■9月12日の緊急事態解除は不可能

ワクチンの接種は進んでいるものの全国的なコロナ感染者数はいまだに増加の傾向を見せ、緊急時代宣言が発令されている都道府県は21都道府県、まん延防止等重点措置(まん防)の対象となっているのは12県にのぼる。

各地でデルタ株の流行による危機的な状況が続く中で東国原は緊急事態宣言の期限となっている9月12日までの「全面解除はほぼ不可能」になったと持論をのべた。


関連記事:東国原英夫、緊急事態宣言下とは思えない渋谷の光景に「ダメだこりゃ」

 

■自民総裁選に世論は分かれる

9月12日までの緊急事態宣言解除はほぼ不可能だとの考えを受けて「総裁選前の(衆議院の)解散総選挙」もほぼなくなったと東国原。そうすると次の焦点は9月末の菅総理の任期満了に伴い行われる自民党の総裁選になる。

東国原は総裁選に対して世論は総裁選は延期するべしとの考えと、こんなときだからこそ複数の候補者による激しい政策の論争が行われるべきという考えに二分していると指摘。東国原は後者を主張している。

次ページ
■次期首相候補の政策に関心

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

Twitter東国原英夫社会保障経済対策緊急事態宣言コロナ対策自民党総裁選デルタ株元衆議院議員元宮崎県知事衆議院解散外交防衛
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング