不愉快極まりない 真夏の電車でムカついた他人の最悪な行動

真夏の電車の中で繰り広げられる迷惑行為とは、どのようなものがあるのだろうか?

2021/09/04 20:00

通勤通学

暑い日が続くと、何をしても疲れがちなのに、通勤や通学の電車の中で他人が不快な行動を取れば、さらにイラつくのも無理はない。しらべぇ取材班が「真夏の電車の中でムカついた行動」について体験談を聞いた。



 

①流れた汗を拭こうとしない

「朝の通勤電車は、いつものように満員でした。そして真夏なので、隣の人がポタポタと落ちるほどの汗をかいていて…。外が暑かったので、汗をかくのは仕方ありません。ただ汗をかいたなら、せめて拭いてほしいと思いました。


ハンカチなどを持っていなかったのでしょうか? これだけ暑い夏であれば、汗を拭くものを用意しておくべきです。私にその人の汗がかからないかと、ドキドキしていましたよ」(30代・女性)


関連記事:イライラは車内混雑だけじゃない… 通勤電車で見かける人の不快な行動

 

②車内で制汗スプレーを使用

「ある日の夏、電車に乗っていると、ドアの前に数人の女子高生がいました。それだけでも十分に邪魔な感じなのですが、その中のひとりがいきなり制汗スプレーをワキに噴射し始めたんです。


汗をかいて気になったのでしょうけれど、さすがに電車の中でそのような行動をする神経がわかりません。制汗スプレーの匂いが車内に広がり、嫌な匂いではないのに不快になりました」(40代・男性)

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
③うちわであおぐ人が邪魔
電車迷惑迷惑行為車内真夏
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング