パックに入ったぬいぐるみ『エビ天ちゃん』が話題に 作者は「神様が突然降臨」

「全くの素人からの状態で、ここまで来られたのはほんと夢のよう」と作者。

2021/09/10 16:15

エビ天ちゃん

つぶらな瞳とちょこんと揃った前足で、下からのアングルは口角があがって見え、ニコニコしているように感じるオーストラリア原産のクオッカワラビー。

「世界一幸せな動物」といわれており、展示中の埼玉県こども動物自然公園では大人気となっている。その動物に一目惚れし、ぬいぐるみ作りを始めた女性がいる。


画像をもっと見る

 

■ぬいぐるみの神様降臨

ハタヤエリさんは、横浜美術短期大学を卒業後、デザイン会社に勤めるかたわら、個人制作として音楽関係のポスター、ロゴのデザイン、創作漫画の執筆などの活動を行っていた。

ぬいぐるみ

そんな中、2019年に突然ぬいぐるみの神様が降臨し「むいぐるみを作らなくちゃ」と思ったという。まず最初に作り始めたのがクオッカーワラビーで、「過去一度も作ったことがなかったが、ネットで先人の皆さんの功績を学ぶことでできるようになった」と話す。


関連記事:ペットのチンチラが脱走 「発見された場所」が反則だとネットで話題に

 

■ラウンドワンにも並ぶ

その様子をSNSに投稿すると「どこで買えるのですか」といった声も寄せられるようになったという。徐々にファンが増えていき、ツイッターでバズることを経験していくうちに、企業からも声がかかるようになった。

今では全国各地のラウンドワン・クレーンゲーム機に、ハタヤさんデザインの約70センチある「BIGエビ天ちゃん」などが並んでいる。こちらは工場製。

【ツイッター】ぬいぐるみ個展の様子

次ページ
■個展でも大人気
イベントぬいぐるみ新宿マルイ個展いか埼玉県ラウンドワンえび天クオッカワラビー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング