献血キャラクター・けんけつちゃんが大惨事 撮影者は「絶対取れるだろうな」

撮影者は「頭が転がった瞬間は笑い声と『あー!』という歓声がすごかった」と話す。

2021/11/15 11:45

けんけつちゃん

けんけつちゃんは、「献血」をより多くの人に知ってもらい、参加してもらうために登場した、愛の妖精だ。「ハートの泉」が湧き出るちいさな島「たすけアイラインド」に住んでいるという。

そんな愛の妖精が出演した東京のイベントで、観客が驚く”大惨事”が起きた。

【動画】滑り降りたけんけつちゃんの大惨事


画像をもっと見る

 

■イベントは今年で11回目

けんけつちゃんが出演したのは、今年で11回目を迎えた「東京雪祭SNOWBANK PAY IT FORWARD 2021」。

2008年に血液の難病、慢性活動性EBウィルス感染症と診断され、骨髄移植で命を救われたプロスノーボーダー荒井daze善正さんが、献血・骨髄ドナー登録の必要性とスノーボードの魅力を世の中に伝えることを目的に開催されている。

今年は13日と14日に東京代々木公園を舞台に、新型コロナ感染予防対策を整えた上で開催された。


関連記事:ニューヨーク、若手芸人の収入事情を暴露 「お笑い界に革命が起きた」

 

■急いでカメラを構えると

撮影者のあにちゅー銀ちゃんさんは、けんけつちゃんの登場前まで、前方の音楽ブースで実施していた「TOTALFAT」のライブに参加。その後、けんけつちゃんが滑り降りる体制になっていたため、急いでカメラを構えたという。

けんけつちゃん

けんけつちゃんは、イベント用のゲレンデからスノーボードでさっそうと滑り始めたが、途中でバランスを崩し、頭部分が飛んでしまった。中の人は転倒したが必死に顔を隠し、周りにいたスタッフが懸命に頭を届けた。

次ページ
■プロ意識に惚れた

はたらく細胞BLACK(全8巻)【Amazonでチェック】

イベント動画ライブスノーボードゲレンデ献血大惨事東京雪祭けんけつちゃん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング