埼玉県八潮市のマリーナ火災で消防10台出動 目撃者は「黒煙ものすごい」

黒い煙が高くあがった影響から、目撃情報が相次いでいる。しらべぇ取材班が調べたところSNS上で185件確認できた。

2021/11/17 17:20

埼玉県マリーナ火災

17日午後1時半過ぎに、埼玉県八潮市南川崎にあるマリーナで火災が発生した。黒煙が高く舞い上がり、東京都内からの目撃情報も相次いでいる。

【動画】火災現場の様子



 

■消防10台出動

草加八潮消防組合によると、17日午後1時42分に「マリーナから黒煙があがっている」との119番通報が入った。消防車両10台(うち救急車1台)が出動し、消火活動にあたった。現在までのところ、けが人の情報は入っていないという。

なお、午後3時半の時点でもまだ白い煙があがっている。現場は中川の河川敷で、ボートなどが置かれており、川を渡った対岸は埼玉県三郷市だ。


関連記事:仙台空港近くの火災で消防10台が出動 目撃者は「中に重機が数台入っている」

 

■廃材が燃えている

黒い煙が高くあがった影響から、目撃情報が相次ぎ、しらべぇ取材班がSNS上で調べたところ185件確認。「廃材が燃えている」「ヘリが飛んでいる」「スカイツリーの向こう側から煙があがっている」「とにかく黒煙がすごい」などの投稿が見られる。

誰もが知っておきたい 火災と法律責任【Amazon】

次ページ
■放火及び放火疑いが最多
話題埼玉県火災消防ポート三郷市河川敷八潮市黒煙中川マリーナ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング