埼玉県八潮市のマリーナ火災で消防10台出動 目撃者は「黒煙ものすごい」

黒い煙が高くあがった影響から、目撃情報が相次いでいる。しらべぇ取材班が調べたところSNS上で185件確認できた。

2021/11/17 17:20


 

■放火及び放火疑いが最多

埼玉県によると、2019年に県内で起きた火災件数は1,867件で前年より48件増加した。出火原因別でみると、放火及び放火の疑いによる火災が316件で最多。次にたばこによる火災(220件)、コンロによる火災(139件)と続く。

また、死者数は88人で前年より23人増加している。そのうち、65歳以上の高齢者が63人で死者数全体の6割以上を占める。なお、火災全体の損害額は約53億円にのぼるという。


関連記事:東大阪市の工場火災で消防19台出動 目撃者は「黒煙がなかなか消えない」

 

■火災現場の様子

・合わせて読みたい→千葉県市川市、軽油タンク火災で消防13台出動 目撃者は「黒煙がものすごい」

(取材・文/Sirabee 編集部・Sirabee編集部

誰もが知っておきたい 火災と法律責任【Amazon】

話題埼玉県火災消防ポート三郷市河川敷八潮市黒煙中川マリーナ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング