東国原英夫、古巣・維新の会の内紛をチクリ 立憲の代表選に「参考にしたら」

代表選を行うも、いまいち注目度に欠けると指摘されている立憲民主党。これに東国原英夫から、元代表・橋下徹氏と足立康史議員が大モメしている維新の会を参考にしてはとの意見が。

2021/11/25 00:10

東国原英夫・そのまんま東
(写真提供:JP News)

元宮崎県知事・元衆議院議員でタレントの東国原英夫が、24日に自身のツイッターを更新。橋下徹氏と日本維新の会・足立康史衆院議員のバトルを皮肉る形で、代表選挙中の立憲民主党にアドバイスを送った。

【ツイート】維新を皮肉りながら立憲にアドバイス



 

■立憲民主党の代表選に…

現在、立憲民主党は枝野幸男前代表の辞任に伴う代表選挙の真っ最中。しかし、多くのメディアではあまり候補者の論戦が取り上げられておらず、東国原もツイート冒頭でこの現状に言及する。

続けて、候補者の1人である逢坂誠二衆院議員の発言を引用し、「逢坂氏は政策討論会で『立憲民主にはスターがいない。何かやってくれるというワクワク感が無い』と分析。その通りである」と指摘。

ツイートの最後で「論戦を盛り上げ脚光を浴びる方法は橋下氏と足立氏の論争・演出? 等を少しは参考にしたらどうか」と、橋下氏と足立議員のバトルを引き合いに、国民の耳目を集めてはと提案した。


関連記事:岐路に立つ野党共闘 「日本共産党排除」は吉と出るか?

 

■橋下氏と足立議員の内輪揉め

橋下氏と足立議員は、在職1日で満額支給された文書交通滞在費(文通費)問題をめぐり、ツイッターでバトルを展開。

橋下氏が維新の一部議員を「10月分の文通費、航空クーポン、秘書給与を丸々もらっていた」「維新国会議員団が大阪維新の看板を汚す」などと批判したところ、足立議員が「コメンテーターの筋違いの批判」などと反論していた。

すると、怒りに火が点いた橋下氏は「もっと世間の経験をしろ」などと反論。足立議員も一歩も退かず、「前代表の指摘に対し、傾聴すべきはしますが、筋違いの批判には反論を厭いません」などと応戦する。

次ページ
■ツイート合戦で泥仕合に

東国原英夫『ゆっくり歩け、空を見ろ』【Amazonでチェック】

政治橋下徹足立康史東国原英夫立憲民主党日本維新の会大阪維新の会逢坂誠二
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング