明石家さんま、バブル時代に最も輝いていた女優を告白 「ものスゴい空気感」

バブル時代に出会った、当時の女優たちを振り返った明石家さんまが「ものスゴい空気感だった」と絶賛したのは…。

2021/11/29 08:15

明石家さんま
(写真提供:JP News)

28日放送『週刊さんまとマツコ』(TBS系)で明石家さんまがバブル時代の女優について言及。「ものスゴい空気感だった」女優を明かし、マツコ・デラックスらを興奮させた。



 

■時代の変化

80~90年代、バブル時代に流行ったCMが若者に人気との話題から、当時のテレビを彩った女優について、さんまとマツコが語っていく。

さんまは「美人の形がいまとちょっと違うとは思うねん、カワイイとか。なんか違うのよ、空気感が」と解説。マツコも「求められているものがスゴい変わった気がする、美人の」とそれに賛同する。


関連記事:『週刊さんまとマツコ』 美少女&定番曲&バブルな演出が魅力の「ヴィンテージCM」

 

■バブル時代を回顧

「いまの子もやっぱああいうの(バブル時代のCM)を見て、本当にカワイイと思うんだと思う」とマツコが主張すると、さんまも「キレイなものは絶対キレイやもんね、どの世代も」と分析した。

ここで進行役の平成ノブシコブシ・吉村崇が「さんまさん、このときはもう芸能界で活躍されてますから、『あのときキラキラしてたな』みたいな人いました? 現場とかで」と質問。

さんまは「全員やん、もう」と出会った女優・タレントはみんな輝いていたと前置きした上で、最も輝いていた美少女の名をあげる。

次ページ
■さんまが絶賛した女性は…

宮沢りえ 写真集『サンタフェ Santa fe』【Amazonでチェック】

テレビCM女優マツコ・デラックス宮沢りえ明石家さんま平成ノブシコブシ吉村崇週刊さんまとマツコ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング